救済保険会社が現れなかった場合

2014年11月27日 / 未分類

破綻した保険会社の保険契約などを受け入れる救済保険会社が現れなかった場合、当該保険会社の保険契約の継続が困難になってしまいます。そこで保険契約者保護機構では保険契約者の保護を図るために2種類の方法を用意しています。まずひとつめは保護機構そのものが、破たんした保険会社の保険契約を引き継ぐ方法です。この方法を採用する場合、保護機構は引き受けた保険契約に必要な責任準備金にかかる資産を、その補償割合に応じて補てんし引き続き保険契約の管理及び処分をおこなうことになります。

 
ふたつめは保護機構が子会社を設立して、破たんした保険会社の承継会社とする方法です。この子会社は破綻した保険会社の保険契約を移転または合併により取得し、引き続いて保険契約の管理、処分をおこないます。保護機構はこの子会社を設立する際に必要な、責任準備金などの資金を援助することによって保険契約者の保護を図るのです。

 

野菜と女性
なおこれらのいずれの方法を採用する場合でも、保護機構による最低補償割合に変更はありません。補償割合は保険契約ごとに異なりますが、満期時や保険金支払い事由が発生した場合には、引き続き保険金や満期返戻金などが補償割合に応じて承継子会社や保護機構から支払われることになります。

コメントは受け付けていません。

TOPへ戻る