保険金請求権等の買い取り

2014年11月27日 / 未分類

生命保険会社や損害保険会社が経営破たんに陥った際に、それらの保険会社の契約者を保護する目的で設立されている保険契約者保護機構には、保険契約者の保険金請求権を買い取る機能も存在しています。

料理01
この機構には保険会社の経営が破たんし、監督官庁による業務停止命令などの行政手続きを受けている場合や、会社更生法に基づく手続きが行われている場合において、契約者に対するすべての支払いが停止している際に発生した保険事故および満期が到来した補償対象契約に関しては、当該機構が保険契約者の請求権を買い取ることにより、従来の契約で支払われるはずだった金額の一定割合を給付するという仕組みが設けられているのです。
またこの仕組みでは後に機構による債権の回収がおこなわれた際、機構が回収した金額が回収に要した費用を差し引いても請求権を買い取った価格より上回る場合は、その差額が買い取り価格に追加される形で支払われます。

 
なおこの機構は国内の生命保険会社や損害保険会社はもちろん、日本国内で営業する海外の保険会社についても加入が義務づけられていますので、日本に支店を有する海外の保険会社と契約している人でもこの買い取り制度を利用することが可能です。

コメントは受け付けていません。

TOPへ戻る