保険契約者に対する資金の貸し付け

2014年11月27日 / 未分類

日本国内で営業を行う生命保険会社および損害保険会社では、取り扱っている保険の種類に応じた保険契約者保護機構への加入が義務付けられています。保険契約者保護機構は、加入をしている保険会社が経営破綻をしてしまった場合、保険契約者を保護する目的に作られています。

 
消費者が加入をしている保険会社が経営破綻してしまった場合、その時点で契約をしている保険がなかったことにされてしまっては大変です。そこで保険契約者を保護するために、この機構では破綻してしまった保険会社の代わりに保険契約の継続を引き継ぐことになります。破綻してしまった保険会社を救済する保険会社が現れた場合、機構が責任準備金の保障に必要なお金を準備することになります。

 
また、救済保険会社が現れない場合には、機構が子会社を設立し保険契約を継承することになります。この場合にも責任準備金の保障に必要なお金を機構が準備することになります。

料理02
万が一、契約をしている保険会社が破綻をしてしまった場合、それまでの保険契約を継承してくれる保険会社が現れるまでや機構によって保険業務が引き継がれるまでの間、保険業務が正常に働かないこともあります。そのような場合、仮に保険金の支払いを保険契約者が求めたとしても、保険金が支払われないケースも少なからずあります。そのようなケースでは機構が一定の条件の下で保険契約者に資金を貸し付ける制度があります。

コメントは受け付けていません。

TOPへ戻る