保険契約者保護機構におけるその他の機能

2014年11月27日 / 未分類

卵

保険業法に基づく行政手続きや会社更生法による更生手続きがおこなわれている間、保険金や給付金の支払いなどの業務が全面的に停止してしまう場合があります。この停止期間中にもし保険金の支払い事由となる保険事故が発生したり、満期到来などによる給付金の支払い事由が発生した場合は、保険契約者は本来ならば支払われるはずの保険金や給付金を、速やかに手に入れることができない可能性がでてきてしまいます。
このような事態を避けるために、保険契約者保護機構では破綻した保険会社に対する保険金請求権を保険契約者から買い取ることによって、保険金や給付金などの一定割合を保護機構が負担する仕組みが整えられています。これにより破綻した保険会社の業務が停止されている期間でも、保険契約者の権利は一定程度保護されているのです。
また更生計画や管理計画に基づき、破綻した保険会社から救済保険会社や承継保険会社に保険契約が移転する手続きがとられている間も、資金事情によっては一時的に保険金等の支払いが停止する場合もあります。この場合は保護機構により補償対象となる保険金等の範囲内において、保険契約者に対して資金の貸し付けをおこなうことも可能です。

コメントは受け付けていません。

TOPへ戻る